正坂執行委員長

『組合員とその家族の幸せ』のために

 結成50周年という半世紀にわたり繋いできた伝統を改めて振り返り、先輩方の想いや活動の原点を再確認した上で、社会の大きな変化に合わせ、我々もまた変化しなければ生き残れない時がきています。

 組合員全員が強い意志を胸に、これまでの常識にとらわれず、それぞれの持ち場・立場で、考え続け、変化をすることで、大きな力を生み出すことができると思っています。

 そして、「変化をする」ことに加えてこのような厳しい環境下だからこそ、仲間との信頼関係やチームワークが大切になってくると感じています。「向き、不向き」と捉えるのではなく、「前向き」に自らが、職場の仲間が考えることでより大きな成果が必ず得られると思っています。

 トヨタ生協、豊田共栄サービス㈱がこの激動の時代を乗り越え、次の50年、そして結成100周年に向けて新たな一歩を大きく踏み出すため、そして、私達やその家族の真の幸せの実現のために、ともに力を合わせて頑張っていきましょう。

トヨタ生協労働組合
執行委員長 正坂 勇人